不倫相手は全くタイプではない職場の取引先の方

投稿者: | 8月 8, 2016

高校を卒業して会社員になりました。何も資格は特にないので収入は少なく、拘束時間は長いと言った環境で働いていました。 新入社員は私だけでした。その会社で働くスタッフは10名程度と比較的少ない所でした。 意気揚々と就職し働き始めました。仕事を覚える事に必死でした。半年も過ぎると結構会社の雰囲気にも仕事にも慣れて、余裕が出てきました。そんな時に私は取引先の方と関わる仕事も増えてきました。 商品の納品であったり、企画の同席などを行いました。その取引先の方と仲良くなるきっかけがありました。 小さな会社ですので、取引先も比較的小さいです。ですので納涼会や忘年会などで一緒になる事もありました。忘年会の日には一緒に参加する事になりました。 そこで不倫相手の方が私にちょっかいを出してきました。年齢はその当時30歳代でしたのでかなり年も離れています。 正直そんな年上の方に恋愛感情はありませんので、あまり嬉しい気はしませんでした。どちらかと言うと上手にかわす事も出来ないので迷惑でした。 彼の押しはその後も続きました。一緒に食事にいこうだとか言われました。あまり相手にもしていませんでしたが、あまりにもしつこいので一緒に食事に出かけました。 行った先は普段同年代の友達と行く様な店ではありませんでした。上品で高級な店ではありませんが、下町の居酒屋でもありません。普段行かない様な大人の店に連れていってもらい凄く嬉しい気持ちになりました。 食事も大変美味しく、もしかしたら凄く大切にされているのでは無いかと感じました。 しかし、その後、彼は既婚者だと知りました。プライベートでもちょこちょこ会っていたので正直ショックでした。 相手に問い正すと、結婚している事を打ち明けられました。しかも新婚でした。私はその頃にはすっかり好きになっていたので凄くショックでした。 そんな思いを相手伝えると実は相手も私の事をかなり好いてくれていました。出会うのがもっと早ければと言ってくれました。その時彼は結婚しているけどこのまま付き合わないかと告白してきました。 私は凄く嬉しかったです。好きな人に好かれる喜びから付き合う事にしました。 所謂不倫です。それから3年ほど付き合いました。不倫相手は子どももいませんでしたが、奥さんとは別れませんでした。別れる素振りもありませんでした。 友達等の回りの反対もあり、自分の将来の事も考えて別れる事にしました。 初めての不倫の事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です